未分類

熱中症の症状の特徴

熱中症の症状の種類には実は4つあります。

熱痙攣・熱失神・熱疲労・熱射病

この4つです。

それぞれ重症度が違っていて、 応急処置方法が違います。

違った処置方法を使えばさらに症状を悪化してしまいます。

なのでそれぞれの症状に適した処置を行う事が非常に大事です。

それぞれの症状について説明していきますね。

熱痙攣
まず熱痙攣ですが、 局部や手足が痙攣を起こしたり、
吐き気や大量の汗が出るなどの症状が出ます。

原因は大量の汗をかいたとき、 塩分を補給しないことでこの症状が出ます。

水分だけではだめなのです。

熱痙攣になった場合の処置は、 まず涼しい場所に移動し、
塩分も含んでいる飲料、例えばポカリスエットや、
熱中症対策を飲み物で!  ←この記事で紹介している自宅で作れる
熱中症対策ドリンクなどを飲みましょう。

熱失神
次は熱失神ですが、 失神やめまいなどの症状が出ます。

原因は暑い所にいると体温が上がっていき、
そうなると体は体温を下げようと血管を拡張させます。

すると血圧が低下し脳への血液量が減ってしまうことで起こります。

これは暑い所で運動している時に起こりやすいです。

熱失神になった場合の処置は、
さっきと似ているのですが涼しい所へ移動し 水分を取りましょう。

熱疲労
熱疲労は、 脱水症状になり、自覚症状、脱力感、
吐き気、体温が上がるなどの症状が出ます。

原因は暑い環境の中で運動することによって 大量の汗をかき、
血液低下になることで起こります。

熱疲労になった場合の処置は、 脱水状態を治すため、
塩分を含む飲料、 ポカリスエット等を飲みましょう。

塩分を含む飲み物を飲んでも症状が治らない場合は、
医療機関へ行って診察しましょう!

熱射病
そして最後に熱射病ですが、 熱中症の症状の種類の中で1番危険です。

大量に汗が出て、極度の脱水症状になります。
血液が減り内蔵が働かなくなる場合もあります。

これは熱疲労をそのまま放置したりするとなるので、
熱疲労の悪化バージョンみたいな感じですね

熱射病になったらすぐに病院に行って処置を受けましょう!
以上4つの熱中症の症状の説明が終わりました
このような症状にならないためにも

こまめに塩分を含む飲料を補給しましょう!引用:産み分けゼリーを比較で値段が一番安いのは?

標準