未分類

インプラント治療

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を創る歯科技工士の技術によるのです。人工歯の作成には、高い技術と美的センスが必須になってきます。もちろんつくり置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、ご飯の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大切だといえるでしょう。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療しゅうりょう後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だっ立と思います。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れ立ところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えて下さい。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状があるのなら、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ないのです。すぐに診療を受けましょう。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を捜すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術をもとめられるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、ちゃんと感染症対策がなされている、治療の見とおし、歯やあごの現状を分かり易く説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるでしょう。
ですが、りゆうに挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であっ立とするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、捜すことが必要です。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。これでは折角のインプラントが台無しです。りゆうとしては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えをつくらなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。よく読まれてるサイト>>>>>研磨剤なしの歯磨き粉でも着色汚れは落とせるんです!

標準